自宅の庭で育てる|見た目をキレイにする|人工芝や刈払い機を利用

見た目をキレイにする|人工芝や刈払い機を利用

自宅の庭で育てる

お花

自分の家の庭に花を咲かせたいと考えた場合、花の種を植えるしかないと思っている人が多いです。しかし、球根草花を植えることも少なくありません。植えるのは種だけでないのです。そして、球根草花は根強い人気があります。 球根草花の代表的なものと言えばチューリップとヒヤシンスでしょう。これらはとくに人気です。と言うか、チューリップとヒヤシンスしか知らないと言う人も少なくありません。チューリップは、独特のつやのある花色が多くの人に好まれています。春の花壇には欠かせない球根草花と言われているほどです。 ヒヤシンスは、赤やピンクや紫など色鮮やかで、香りも良いと言うところが人気です。また、ダリアやスイセンも人気があります。

秋植え球根中、咲かせやすいとされるのがチューリップです。しかし、病気には気をつけないといけません。チューリップと言えばバイラス病です。植える場所や植え方に工夫をしましょう。バイラス病にかかる確率を下げなくてはいけません。 まず、1日4時間以上日が当たるところに植えるましょう。土質を気にする人は多いですが、とくに気にする必要はありません。植え方はとくに重要です。15cmから20cm位に深植えして、掘らずに植え放しにしておくと、バイラス病にかかりにくくなります。肥料をきちんと与えていれば、毎年よく咲いてくれるでしょう。 しかし、最初から耐バイラス性の品種を選べば、バイラス病に悩まされることはありません。